カニのさばき方のコツを知っておけば、一匹丸ごとのカニを通販した場合でも、おいしく食べる事が出来るでしょう。 食べやすく調理されたポーションよりも、一匹丸ごとのカニを買う方がおとくなことが多いので、是非一度、カニをさばいてみてはいかがでしょうか。 さばく際には、硬い甲羅(甲殻類アレルギーである人も少なくありません。今までは平気だったのに、ある日突然発症してしまうこともあります)で手指を傷つけないように、軍手やゴム手袋をして調理するのがオススメです。 また、包丁を使うのではなく、キッチンバサミでさばくのも、怪我の心配が少なくなります。 それから、後かたづけを楽にするために、キッチンのシンクに新聞紙を敷いてキッチンバサミでさばいたり、まな板の上に新聞紙を敷いて包丁でさばくといいでしょう。 包丁でさばく場合には、まず、まな板の上にカニ(身だけでなく、出汁もおいしいですね。食べた後はかに汁を作るのがオススメです)を裏返してのせて、お腹の下の三角の部分(まえかけとか、ふんどしと呼ばれることも)をはずします。 甲羅に傷をつけてしまわないように気をつけながら、胴体を縦に真っ二つに切ってください。 脚を左右から持ち、折り曲げるようにして甲羅から外します。 根元のエラは食べられない部分ですから取り除き、カニ脚と肩肉を切り分けましょう。 肩肉は切り開き、カニ脚は縦に切れ目を入れたり、殻の一部を削いでおきます。 さばき方はカニの種類(時には新しく発見されることもあるようです)によっては違ってきますが、おおまかな流れとしてはこんな感じですー